採用されてからでは遅い!保育士求人の条件に注目[Career Site]
HOME>人気記事>採用されてからでは遅い!保育士求人の条件に注目

認可化無認可か

保育園が不足をしているということで社会問題になっています。入園をするためには早めに動かなければいけない、ということがあるので苦労をする人も多いです。認可保育園と無認可保育園がありますが認可保育園のほうが保育料も安いということがあるようです。ですから人気もあります。無認可保育園もその数が増えてきています。施設が増えると当然保育士の不足が問題になります。資格を取得しているのであれば、採用してくれるというところもありますが、ある程度キャリアがあったほうが採用されやすいということもあります。認可でも無認可でもキャリアがあれば欲しいと考えてくれるところは多いので、就業も希望に沿うところで可能となるでしょう。

福利厚生のチェック

保育士の仕事はハードです。中には生後数か月の子供を担当することもあります。そうなると何かあってはいけないということで常に目を光らせておかなければいけませんし、神経も使います。そして中々休むことができないということもあります。採用をされる際に福利厚生のチェックは行っておくとよいでしょう。有給に関することなども確認をして、確実に有給を取ることができるのかどうかなども確かめておくとよいです。当然の権利なので守らなければいけません。

就業時間の確認

保育士として就業をしているとお迎え時間に間に合わないという人も出てきます。そうなると残業という形になってしまうので、その分の給与もキチンと出るのかどうか、採用の時にチェックをしたほうがよいでしょう。中にはサービス残業をして捉えている経営者もいます。無認可保育園の場合には経営者が全て独断で決めているということが多いので、就業規則があっても守られていないということもあります。就業をする際の条件の確認もしっかりと行っておきましょう。

広告募集中