面接で失敗しないために!逆質問で企業の本音を引き出そう[Career Site]

何が違う?役員面接について学ぼう

大手の求人の場合、1回だけではなく、2回以上面接を受けないと内定をもらえないことがあります。通常の面接とは異なり最終面接や役員面接と呼ばれるものが具体的にどんな質問をされるのか、何を準備しておけば良いのかなど、事前に情報を集めておかないと面接を受けた後に後悔してしまうこともあります。そこでまずは通常の面接の大まかな概要と役員面接がどのようなものなのかを把握しておきましょう。

役員面接と通常面接の違い

通常面接

通常の面接は面接官が一般の社員や人事が担当し、応募者の能力やスキル、人となりなどを確認されます。

役員面接

役員面接では面接官は役員が担当し、企業の求める人材であるかどうかをチェックされます。その中で最終的に内定にすべきかどうかを判断させるのが役員面接です。

面接

やる気が伝わるようにする

企業の採用面接では、人事担当者から質問様々な質問をされることがおおいですが、必要に応じて逆質問をすると自己アピールをすることができ、ライバルに差をつけることができるでしょう。また、募集条件等で不明瞭な点がある時なども、面接のときに逆質問をすることで、条件を確認することができるでしょう。やる気をアピールするために逆質問をするのであれば、具体的にその企業の仕事内容に興味を持っているようなことが伝わる質問が有効です。

具体的な仕事の内容を聞く

逆質問をする場合には、その質問内容も重要なアピールポイントとなり、企業の採用担当者の印象に残るような質問をすることができると良いでしょう。面接では具体的に仕事の内容に関しての質問をすることで、仕事に対しての前向きな姿勢を示すことができ、企業担当者としてもやる気を感じることができて良いです。配属先となる可能性がある部署では、同世代の社員がどのような業務を毎日行っているかを聞いてみたり、1日のスケジュールなどを聞いてみたりすることも良いでしょう。

流れを重視すること

面接の際に最後の何か聞きたいことが無いかと聞かれることがありますが、面接に慣れていな初心者の場合、その場で無理に質問を絞り出してしまうと、あまり良くない質問をしてしまうことがあります。面接に臨む際には逆質問をいくつか事前に用意しておくことが重要ですが、面接の流れによっては無理に聞かなくても良いでしょう。逆質問での自己アピールは基本的には付加的なものと考える様にしておくと緊張せずに気楽に面接に臨めます。

入社後をイメージする

面接をしている企業は、即戦力や将来を担ってくれる人材を求めていることが多いので、相手の中で自分が入社した後の姿をイメージしてもらえるような受け答えをすると良いでしょう。逆質問では、入社までに事前に準備しておいた方が良いことや勉強しておいた方が良いことなどを聞いてみることも有効です。

広告募集中